ダイブアジアの歩み



ダイブ・アジアの歩み

カタビーチにあるダイブ・アジアのオフィスは、プーケットで最初のダイビングショップとして1988年に創設されました。
1992年にはカロンビーチに2店目を開店しました。
1997年10月ダイブ・アジアはプーケット初のPADI5スターCDC『キャリア・ディベロップメント・センター』に認定されました。
東南アジア内でPADIよりCDCの認定を受けているショップはたった数店舗で、当ショップはその中の1店舗です。

2000年2月にダイブ・アジア3店舗目をパトンビーチに開設致しました。これにより現在はプーケット主要ビーチすべてにオフィスを設置しています。
ダイブ・アジアは2001年、2002年と続けてヨーロッパ最大のダイビング雑誌
'Tauchen'より東南アジア・オセアニアにおいて2番目のベストダイビングとして
The Golden Dolphin Awardを受賞致しました。
2000年12月にダイブ・アジアは2階建てのトレーニング、器材センターを新設致しました。エアコン付の5つのクラスルーム、ダイビング用プール、
エアー/ナイトロックス/リブリーザータンクの補充ステーション、器材メンテナンス施設を備え高品質のレンタル器材も揃えております。
2001年にダイブ・アジアはPADIよりインストラクター養成への素晴らしい貢献を認められ世界初の'Hallmark of Excellence' を受賞しました。
またダイブ・アジアではタイのベストダイビングポイントへご案内する快適で優れたデザインのダイビングボート2隻を所有しております。ダイブアジア1はスミランクルーズへご案内しており、
ダイブアジア2はプーケット周辺のベストダイビングポイントへの日帰りツアーをご案内しています。
[PR]
by negitokyabetsu | 2005-10-04 00:27


<< IDC(インストラクター開発コ... なぜダイブアジアが選ばれるのか? >>