<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ピピ島


日 時:1月30日
場 所:タイ・プーケット
ポイント:ピピ島
天 候:晴れ
 風 :東
波 高:2.0m~2.5m
気 温:30度
水 温30度
透明度:(↓)10m
透視度:(→)8m

朝、目覚めると木々の揺れる音、ザワザワ胸騒ぎ。
しかし海はほとんど揺れず、水面は綺麗な物でした。
本日のピピ島は白い濁りがかなり気になりましたが、その魚影の濃さは
そんな透明の中でもはっきりと分かる物でした。またふっと振り向くと
目の前にギンガメアジの群れや、キンセンフエダイの群れに驚かせられました。
今日のコビダノックでは最近頻繁に見ることが出来るブラックチップシャークが
数匹見ることが出来たり、バラクーダの群れなども見ることが出来ました。
マクロでは最近のお馴染みのニシキフウライウオ、体長20cmの立派なタツノオトシゴ、
小さな小さなサイコロのようなミナミハコフグの幼魚、穴の奥には透明なベンテンコモンエビなどが中層を漂っている姿なども見ることが出来ました。
e0089886_2350138.jpg

[PR]
by negitokyabetsu | 2006-01-30 23:50 |

デイトリップ!ピピ島にジンベイザメ出現

日 時:1月6日
場 所:タイ・プーケット
ポイント:ピピ島
天 候:晴れ
 風 :東
波 高:2.0m~2.5m
気 温:30度
水 温30度
透明度:(↓)18m
透視度:(→)12m
カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!カン!
その時はあまりにも突然に!急にやってきました!
僕の10mほど前を泳いでいたインストラクターが鳴らした鈴の音!
その指の先には想像しがたい黒い大きな影です。ジンベイザメーーーーーーーーーーー
僕が見たときにはすでに尻尾をむけ泳ぎ去るところでしたが、それを見つけた瞬間に、
もっと見たい!正面から見たい!猛ダッシュ!持てる力すべてを出し、ひたすら泳ぐ!
泳ぐ!泳ぐ!周りを見ると他ダイバーたちも必死に泳いでいます。
段々見えなくなったと思ったら急旋回!一転こちらに向かって泳いできました。
今度はジンベイザメの進路を邪魔しないようによけながら、じっくり鑑賞会です。
そのジンベイザメまでの距離はほんの数メートルです。細かい白い水玉模様から、
大きな体からは想像できないくらいの小さなくりくりした目まで、はっきり見ることが出来ました。
その後もこのジンベイザメはピピ島の周りをしばらく回っていたので、数多くのダイバーが
見ることが出来ました。
大きさはまだまだ子供で4m前後でしたが、それは紛れもないジンベイザメでした
[PR]
by negitokyabetsu | 2006-01-08 19:13 |

ラチャノイ、ラチャヤイ

日 時:1月4日
場 所:タイ・プーケット
ポイント:ラチャヤイ、ラチャノイ
天 候:晴れ
 風 :東
波 高:2.0m~2.5m
気 温:30度
水 温30度
透明度:(↓)20m
透視度:(→)15m
最近は晴天や風がほとんどない日が続いていましたが、今日は若干風が吹いて、
波が若干立っていました。
しかし海の色は青く水中は穏やかで、程好い流れの中気持ちのよくドリフトダイビングを
楽しむ事が出来ました。
気持ちよく流れに乗ってダイビングしていると風景の一部として魚達が来ては消え、
来ては消えていきました。
その中でもタイワンカマスの群れは逃げずに魚達もこっちを見ていましたが
気にする様子もなく、ノンビリマイペースで泳いでいました。
しばらくタイワンカマスの群れを見てたらリンリンリンと鈴の音!
その先にはトラフザメが砂地にスーピースーピ―とお休み中。
気持ちよさそうに寝ている姿も見れました。
e0089886_2215627.jpg

[PR]
by negitokyabetsu | 2006-01-04 22:15 |

プーケットダイビング情報アネモネリーフ

日 時:1月3日
場 所:タイ・プーケット
ポイント:アネモネリーフ、シャークポイント
天 候:晴れ
 風 :東
波 高:2.0m~2.5m
気 温:30度
水 温30度
透明度:(↓)15m
透視度:(→)10m
朝、家から出ると雨?雨がポツポツ・・・
しかしすぐに止みほっと一息、アネモネリーフに向かって出発進行!
アネモネリーフに入るとすぐ下にはキンセンフエダイの群れ!
その中を掻き分け、掻き分け前に進むとそこには更に違う魚達の群れ!
ちょっと小ぶりながらもバラクーダの群れがゆったり泳いでいました。
その姿はダイバーも威圧するような雰囲気をかもし出していました。
更に更に進んでいくと今度はニシイキフウライウオなどのマクロな生物に
会うことが出来ました。
しかしこれでは終らず、魚達の生存競争!小さな魚達が必死にツムブリやハタの仲間などに
追い掛け回され右に左にビュンビュン泳ぎ回ってる姿に僕たちは目が回ってしまうほどでした。
そして最後エキジット直前にはあおうみがめなどにも遭遇する事が出来ました。
e0089886_20133431.jpg

[PR]
by negitokyabetsu | 2006-01-03 20:14 |

明けましておめでダイビング

日 時:1月1日
場 所:タイ・プーケット
ポイント:キングクルーザー、シャークポイント
天 候:晴れ
 風 :東
波 高:2.0m~2.5m
気 温:30度
水 温30度
透明度:(↓)15m
透視度:(→)10m
明けましておめでとうございます。ハッピーニューイヤー!
新年からダイビング?新年だからダイビングなんです。
一発目!キングクルーザーにエントリーするとすぐに真下にアオウミガメがスイスイ
気持ちよさそうに泳いでいました。このカメサービス精神旺盛であちこち回ってダイバーに挨拶して回ってるのか、いたるところで会えました。
またキングクルーザーはプーケット近郊のダイビングサイトの中でも魚影の濃さはピカイチ
です。キンセンフエダイの群れは向こう側が見えなくなくほどの濃さ、またギンガメアジが小さな魚達を狙ってビュンビュン泳ぐ姿が見れたり、ゆったりと泳ぐバラクーダの姿は他を圧倒していました。透明度は若干落ちていましたがうみが青くて気持ちの良いダイビングでした。
[PR]
by negitokyabetsu | 2006-01-01 21:36 |