<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タイに来たら何食べる?

タイ料理は美味しい。
日本人にタイと言う国が比較的受け入れられている
要因の一つとして、タイ料理が日本人の口に合うと言う事あると思います。
その証拠に日本各地にタイ料理屋さんが多くありますよね。
伊豆半島の先端の下田にもあるのです。
そしてその料理のイメージはもちろん「辛い」
辛い料理がある事は紛れも無い事実。
しかしながら辛くもなく日本食に似ている味付けの物もある位です。
まあタイの人たちの多くの人はこの辛くない料理も、
自分でチリや酢、ナッツや砂糖まで入れてオリジナルの味付けをして
楽しんでいます。
チリの量は半端なく入れるので当然辛くなるし、
さらに魚醤油のナンプラーを入れてタイ風味たっぷりで頂くなんて物ありですね。

さてさて、そんなタイの人々・・・
食に関してはかなりのこだわりを持っている人が多いです。
日本人と若干違うのが朝、昼、晩の3回ではなくて、
朝、昼、おやつ、晩に夜食と5回の分食の人が居る様で、
一回の食べる量が少ないのです。
ラーメンなどは大人の男の人でしたら大盛り2杯はいけるでしょう。

そんなタイの魅力の一つの「食」
旅行などに来たら本場のタイ料理が食べられる
大きな楽しみですよね。
しかしながらどのレストランが良いの?
このレストランはどこにあるの?
などなど沢山のレストランからどこを選ぶのは、
迷うところです。
そんな時、僕の中での選択の基準となるのが、
現地の人がそのレストランに入っているかどうかですね。
やはり現地の人が食べているレストランは美味しくて安いところが
多いのが事実ですね。
本場の味を安い値段で食べれる。
高いお金を出せば美味しい物を食べられるのは当然。
いかに安く美味しくと言う事を追求していくとやはり
現地の人が入っているところと言う事になる。
タイにはぴったりですね。
ただし注意しなくてはいけないのが、現地の人が利用するレストランには、
稀にメニューがない、メニューがあってもいタイ語のメニューしかない、
レストランの人がタイ語しか喋る事が出来ないなんて事も
あるので気をつけましょう。
プーケットの場合ほとんどレストランやお土産屋の人は英語を使う人が
居ます。
日本人が多く訪れるレストランなどには日本語のメニューもあるところもありますしね。

しかし!しかし!癖のある料理は万人に受け入れられる物ではなく、
長年住んでいるスタッフMは未だにと言うか、パクチーを食べられません。
においの強い香草が苦手だと言う人も多いと思います。
そんな時はマイサイ○○と言う言い方をすれば、
○○は入ってきません。
パクチーならマイサイパクチーと言えばパクチー抜きできますしね。
僕に場合パイナップル入りの炒め物など暖かいパイナップルは苦手ですね~

せっかくタイに来たのにタイ料理が食べられない!
楽しさ半減だよ~なんて事になりそうですが、
ご安心を!
ヨーロピアンの旅行者が多いプーケット。
特に長期滞在者が多いので、ヨーロピアンの人が
自分の国と同じ物を食べられるレストランも多く存在するのです。
イタリア人が経営しているイタリア料理屋、ドイツ料理に、
スイス料理屋、フランス料理屋、はたまた中華料理屋、韓国料理屋など
おおくのレストランがあります。
中にはかなり本格的なものもあり、これはこれでオススメです。
マクドナルド、日本に最近再上陸したバーガーキングなどもありますしね。
しかもマクドナルドなどは24時間営業の店舗もあるくらい人気です。
もちろん日本食レストランも多く存在します。
その種類も様々です。
小さなラーメン屋さんから食べ放題のお店、
お寿司とカレーライスを一遍に食べれるお店と多種多様です。
これは素晴らしいです。
しかし一つだけ言わせて頂けるのならば、言いたい。
なぜお新香の代わりにキムチが来るのかな~
日本と韓国が混ざっているのか?はたまた分かって出しているのか?
不思議です。
ちなみにそのキムチのお味はと言うとちょっぴり甘め。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
[PR]
by negitokyabetsu | 2007-06-25 19:13 |

ホーム=部屋、ナム=水 


中川翔子さんって知ってます?
知ってますよね。僕が知らないだけで・・・
先日友人から聞いたのですが、タレントさんだそうです。
実は僕も良く知りませんが、多い日で一日にブログを35回更新する超人です。
一日に35回ですよ。
睡眠時間を8時間取ったとして一日の残り16時間で35回ブログを
更新するとなると約30分に一回更新している事になります。
起きている時間はほぼブログを更新しているようですね。

だから?という事ではなく最近ちょっとさぼり気味だったので
僕も負けないようにと今こうしてパソコンの前に、
アオパパイヤのサラダとチキンを食べながら
座っているわけですよ。

さて全く持って話は変わりますが、所変われば文化も変わる。
これは当然の事。
もちろん日本とタイと変わらない共通の物も多くありますが、
えっ!タイでは!などと衝撃を受ける物もあるでしょう。
なかでもトイレに関しては多くの国や文化で相違点があるでしょう。
タイでトイレの事をホーム=部屋、ナム=水
水の部屋と言う意味でホームナムと言いますが、 
日本の場合、洋式か和式な違いくらいで他には
あまり違いはないかと思います。
まあ初めて和式便所を見た外人にはこれは衝撃的なものに
写る事は間違いないでしょう。
タイはと言えば地域だけでなく、それぞれの家庭でも
違いが多くあるところもあります。
紙もない、流すレバーもない。
あるのは便器と大きなポリバケツにいっぱいの水と小さなバケツ。
なんて事もあります。

洋式便器の横に小さなシャワーのような物がついている。
これは手動ウォシュレットです。これで洗って紙で拭く。
紙は配水管が細い為に詰まりやすいので、備え付けのボックスに捨てる。
まあこれが通常のタイのトイレだとは思うのですが、
僕が4年間前、初めてタイに来て住んでいた家には3人のタイ人が住んでいました。
その家はと言うと、紙がなかったのです。
便座にすわりふっと横目に見ると通常トイレットペーパー。
しかしそこには紙がなかった。
おしりはウォシュレットで洗ってビショビショ。
しかし紙がない。ここに紙がない。
あった形跡すらない。と言う事はこれがタイスタイル?
そう言う事なら仕方ないと、ズボンを引きずり上げ終了。
ズボンは濡れるが仕方ない。これがタイなんだからと言い聞かせ。
こんな生活がしばらく続いてました。
当時の僕にはタイ語はもちろん、英語すらまともに話せないので、
聞くこともできずでしたからね。

そして月日は流れ先シーズンの中ごろに
当時一緒に住んでいたタイ人の仲間に会い、
当時の事をみんな紙なしでトイレ行くんだよね?
と話したところ、一言「紙使ってたよ」
タイではトイレはシャワールームと同室な事が多く、
シャワーで紙が濡れるからと、棚に紙を避難させていたということでした。

これは、これは僕はタイってみんな紙使わないんだと思っていた
常識は一気に崩れ落ちました。
もちろんトイレットペーパーは売ってますがタイでは
通常BOXティッシュの代わりに使って
トイレではあまり使わないと思っていたからです。
僕の四年間は・・・
僕はこの4年の間にそんな紙なしの習性がついてしまい、
今でも当時のまま、ウォシュレットだけ使って、ズボンをはくと言った
習性がついてしまっているからです。
更に進化して〇〇〇は濡れるから、はかないと言うとんでもない
習性もついてしまった。
あっ!でもお客様用にちゃんとトイレットペーパーは
ご用意してありますので、いつでも遊びに来てください。

国や地域で文化や風習の違いはいっぱいあるけど、
なぜ違うのかな?
それは僕みたいに勘違いから生まれた物かもしれませんよ。
みなんさん分からない事があったら何でも聞いてくださいね。
間違っているかもしてませんが。
タイに住んでいる日本人だけの噂や、日本とは違うだけで世界共通で同じ事、
そんなのっていっぱいあります。
いっぱいありすぎて真実が見えなくなっている事が多いのも事実。

こんなのがあります。
タイ料理を食べると蚊に刺されなくなる。
だからタイ人は蚊に刺されないで日本人はよく刺される。
タイ人に聞くとそんな事ないよと言う人も居る。
どこからそんな噂が立ったのでしょうかね。
誰か!教えて!




クリック!クリック!クリック!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
[PR]
by negitokyabetsu | 2007-06-24 17:18 |

隣人

はぁ~
いきなり「気」抜けているようですが?
なんて事はないですよ。
ちょっと参り気味なのが、
まあ一つにタイのネット事情。
お隣の家のネットは繋がるけど、
うちのは繋がらない。
繋がるけどやたら遅い。
なんで?と聞くと帰ってくる答えは、
熱いから繋がらないとか、タイだからね~
などとお答えが帰ってくる。
まあ僕もタイだからか~と納得。
もうこの辺はタイ人化してますね。

さてイザという時に、いつも助けてくれる人がいます。
僕が家を借りている大家さんです。
僕の家は平屋が繋がっている長屋ですが、
もうドアを開けるとすぐ隣に大家さんのドア。
タイ語の喋れない僕にとって、このインターネットが
繋がらないときにプロバイダーに連絡を取ってくれたり、
家のガスが壊れた、テレビが見れない、水が出ないなどにも、
迅速に対応してくれる親切なお人。ジミー。
ローシーズンで仕事があまりないのか、
最近はいつもなぜか僕の家の前で、奥さんと汗だくでバドミントン。
プーケットではバドミントンを近所でやっている光景を良く見ます。
日が落ちて暗くなっても街灯を頼りにひたすら打つ!
っでもって大家さんの子供ジャッキーとロビン。
タイ語が分からない僕には、親切に英語で話しかけてくれる
7歳と5歳。
とある日、僕は仕事が休みで、家でネット、DVD、読書、TVなど
いつも通りのインドアな休日を満喫していたところに、その悪魔はやってきました。
ご近所さんがジャッキーとロビンを家の前まで車で送ってきました。
そのまま家に帰ると思いきや何の迷いもなしに、我が家に直行。
自分の家のように普通に学校から帰ってきて、うちになぜ来る?
お父さんとお母さんは?と聞くと出かけてる。と答える。
どうやら誰もいなくて、家の鍵も持っていないらしい。
だから!だからもっと親しいご近所さんがいっぱいいるのに
なぜうちに・・・
前々から僕が家にいるとたまに家の中に無断で入ってくる事は、
あったけど、さては今回はジミーの差し金だなと。
しかし大人しくしていれば、良いが、7歳と5歳の悪がき兄弟。
大人しくしているはずがありませんね。間違いないです。
案の定、僕のガンプラは壊すし、お菓子は物凄い勢いで食うわ、
挙句に残ったお菓子をごっそり持って帰る。
うんうんタイ人は子供もタフですね。

しかしながら東京はマンションの隣にどんな人が住んでいるのか、
知らないなって事結構あるそうですね。
日本のこういった現状では、イザという時もお隣さんを
頼りにすることなんて出来ないですよね。
こういった事を考えると、とてもありがたく、何か日本人の亡くした物を
感じる事があります。

さてさてもう片方のお隣さんはと言うと、居ません。
ただ今僕の家の隣の家は売りに出ています。
誰か欲しい人居ますか?



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

ジャッキー&ロビン

e0089886_16490100.jpg

[PR]
by negitokyabetsu | 2007-06-23 16:44 |

ジンベイザメ見ちゃったもんね~


さてさてダイビングインストラクターと言いつつ、このブログに
最近、海の話が全くないのはどーなの?という事で、
ここはバシっと海の話を!

日 時:6月13日
場 所:タイ・プーケット
ポイント:ドクマイ&キングクルーザー
天 候:晴れ
 風 :南西
波 高:0.5m
気 温:30度
水 温:30度
透明度:(↓)5m
透視度:(→)5m

何の前触れもなく、あいつは突然やって来た・・・















本日はまず一本目はプーケット近郊では、
魚影の濃さでは他のポイントの追随を全く持って許さない
キングクルーザー!
エントリー直後水面付近は透明度は悪くない。
しかし潜降途中で海の色がダンダン茶色になっていく。
キングクルーザーまでたどり着いたら時には透明度5mあったかな?
自慢の魚影の濃さは?
魚のいっぱい居る雰囲気。でも白く濁っていて何も見えない。
バラクーダ!キンセンフエダイの群れは常連ですからもちろんGET!
しかし流れが非常に強いため40分でエキジット。

2本目コドックマイでは、キングクルーザーでは水底近くが
やはりキングクルーザー同様に良くなかったために、
水深10m前後をキープして、コドックマイをドリフトダイビングしていました。
思えばここで水深を浅く取っていたのが運命の分かれ道でした。
なぜならベテランチームで深場を潜っていたチームは、外してますしね。


あれはそうです!潜降10分後の事でした。
我がチームが一生懸命に岩の陰に居る小さなウツボの
撮影会を行なっているときでした。
中層の方からさりげなくカンカンカンと鳴ったのです。
今忙しいのにな~なんて思い振り返るとそこに泳いでいたのは、
ジンベイザメ!

b0054613_2043413.jpg

b0054613_2051659.jpg

b0054613_209974.jpg


僕らが目にした時は水深5~8m位のところを泳いでいたので、
船かと思いましたが、その体にはくっきりと白い水玉模様!
しかも何を思ったか急旋回で急接近!
手も届きそうな距離で見る事が出来ました。
その後、必死になって追いかけたけれども
追いつくはずがなく・・・
ジンベイザメはスギやコバンザメを引き連れて颯爽と帰っていきました。

さらに我がチームは浮上直前にも、もう一発そのお姿を拝ませていただきました。
その時はスギが中層を泳いでいたからまさかこの近くにいるの???
なんて周りをキョロキョロ見たらジンベイ様は僕らの真上にいらっしゃる。
真下から光を受けてそのシルエットだけのジンベイの
大きな体全体を使って泳ぐ姿の優雅さといったらもう!なんのその!?
いやいや興奮しましたね。

たしかに以前コドックマイでジンベイが出たという話は聞いた事はありますが、
まさか本当に遭遇するなんて夢にも思いませんでしたよ。
恐るべしそのポテンシャルの高さ!
侮れず!デイトリップ!ハイシーズン並みの天気の良さだぜ!プーケット!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
[PR]
by negitokyabetsu | 2007-06-13 20:23 |

「Island  of smiles」

先日のある日、僕はいつものように家で昼寝をしていた。
最近は本当にハイシーズンを思わせる天気で、カーテンを
開ければ日の光がサンサンと降り注いでいる。
実に気持ちいいのですが、僕に限って言えば家でクーラーを
ガンガンにかけての昼寝は、まさに至福の一時である。
その日は特に僕のダラダラ具合は最悪な物で、
朝からカーテン締め切ってクーラーでキンキンに冷えた暗い部屋で、
うたた寝をそれこそ夕方まで続けていました。
チョコレート片手にNHKを見ていたら突然家のドアを叩く音。
門には鍵がかかっているためにいきなりドアがガンガン叩かれる。
すぐさまドアを開けてみると、そこには隣に住んでいる僕の家の大家さんが!
大家さんが朝からずっとカーテン閉まっていて心配だったからと声をかけてくれたのです。
日本であればお節介、余計なお世話などと言われてしまいがちですが、
これがタイの優しさ。タイ人の優しさなのです。

さて僕は今、プーケットに住んでいますが、日本に帰るのは年間に
2ヶ月~3ヶ月と言うドイツ人の長い休みとあまり変わらない長さ。
そうですよ。休暇並みに日本に居る期間が少なく、
しかも僕の家はプーケットに在り、日本にないと言うこの現状を考えれば
まあ住んでいると言えるかな?
さてそんな海外移住なんて聞くと、人生一大決心が必要?なんて考える人も
少なくないんじゃないでしょうか?
もちろん右も左も分からないし、そして言葉の壁と言う障害もあるのも事実。
しかし、もっともっと気軽に出来る物じゃないかと思います。
オーストラリア、韓国、ニュージーランド、ドイツ、イギリス、
カナダ、アイルランド、フランスを対象に、
30歳までの人を対象にしたワーキングホリデー制度。
この制度を利用すれば1年~2年と言う期間に海外移住を体験できる。
実際に住みたい国とはちょっと違うかもしれませんが、
僕自身1年間のオーストラリアのワーキングホリデー経験が、
今現在も非常に役に立っている事もありますしね。

さあさあまず海外移住を考えたときに一番最初に考える事といえば・・・
それは移住先を決めると言う事です。
人気があるところと言えば
1位 ハワイ
2位 オーストラリア
3位 カナダ
4位 タイ
5位 マレーシア
 (僕調べ)

なんて統計が出ていました。調査の対象にも若干変わってくるとは思いますが、
こんな物でしょうかね。
まあハワイは強い!憧れちゃいますね。

そして僕が住んでいるタイも4位に入っています。
これは東南アジア圏内では1位。
リタイアメントビザを利用しての年配者の方々。
また若い人たちも多く移住してきています。
一生その場に住むと言うスタンスではなく、
数年と言う期間限定でも良いと思います。

さて僕がプーケットに来た理由は、そこに仕事場があったと言う物でした。
それまではタイに来た事もなければ、特にタイが好きだとか、タイ料理が食べたかったと、
言う物ではありませんでした。
しかし、僕自身の性格も手伝ってか、住めばそこは都でした。
もちろん自分の都となるまで1年はかかったと自分で思います。
「都」と自分自身感じるまでにはいくつもの理由があります。
日本と比べての生活費の安さは言うまでもなく、病院の充実、
通年通しての暖かい天候。
日本人の求人だってありますので、その気になれば
就職だって可能ですよ。
そしてプーケットの場合、何よりも差ほど日本と生活レベルを落とさずに
生活できると言う事。
まあ僕がどんな生活をしてるかは良いとして一般的にね。
そしてタイという国の、タイ人の優しさに惹かれた部分は大きいと思います。
微笑みの国タイランドと言われているこの国ですが、
嫌な思いをした人も事実いる事。
こんなのは日本人だって同じで、いい人もいれば、悪い人もいる。
僕が住んでいた頃からそうでしたが、僕に日本は少し生きるのに複雑だと。
しかも年々複雑になっていく。
人も街もすべてが。これは僕が田舎物だから?
それともそう言う物だから諦めてる?

タイに住んでいて日々思うのはこの単純な暮らし、ゆっくり進む時間。



実際問題として移住と言うのは・・・
でも旅行に来てその国の食事や文化や人に触れる。
これが移住の第一歩で、このタイに来れば、移住したいと
極端に思う人もいるけど、きっと良い経験が出来るでしょう。

僕が大好きなコカ・コーラの缶にこんな事が書いてありました。
「Island  of smiles」
そのままですね。皆さんにも是非一度体験して欲しいと思います。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
[PR]
by negitokyabetsu | 2007-06-08 22:20 |

生まれ変わるプーケット

トントン!カンカン!ガガッガガッガガガガ!ブォォォォン!

朝から晩までプーケットの至る所で、ホテルの建設、レストラン、お土産物屋から
アパートまで建設ラッシュじゃないでしょうか。

10年以上前から始まった開発計画は順調に進んでいるのか?は分かりませんが、
ここ数年プーケットは大きく変わったと言っても過言じゃないでしょう。
特に津波後は爆発的に建物の復興を含め、新しい建物が増えてます。
そんなわけで毎年、毎年生まれ変わるプーケットは、常に目新しい物で
溢れかえっていますね。
これは非常に楽しみな事であり、観光に来られる方には新しいショッピングモールや、
美味しいレストランがあればプーケットに来られる楽しみも増えると言う物でしょう。
大いに結構!結構!
特にここ最近は大きなショッピングモールが話題をさらっています。
プーケットタウンのセントラルフェスティバルやパトンのジャングセイロンなどは
いつも多くの人で賑わっていますしね。
ここはお土産だけではなく、生活用品も充実しているので、在住者にとっても
非常にありがたい存在で、その威力は生活スタイルを変えるほどですからね。

しかし一方で静かなノンビリとビーチリゾートを楽しみたいと言う方は、開発が進んでは
面白くないかもしれないと、思いがちですがプーケットにはまだまだ沢山の自然が
残っていて、ゆったりと時間を過ごせる場所も沢山ありますのでご安心を。
プーケットの場合ゆったりまったりエリアとワイワイガヤガヤエリアと別れていますので、
旅のプランに合わせた形で過ごせる事が大きな魅力ではないのでしょうか。

僕が始めてプーケットに来た年に比べてみても大きく変わっていることなどは
間違いないでしょう。
あっ!あんなところに新しいレストランが!あっ!道が開通してる。
あっ!こんなところにホテル建設してる!などなど

何もなかった空き地には道が出来て、その道を挟むようにホテルや、レストランが
立ち並び始め本当に驚かされることばかりです。

そして今年の初めに家の近くに開通した道は僕の家からは、かなり使い勝手の良い
道で、家からビーチまでの距離がグググッと近づきましたね。

しかしながらその工事の影響をチョクチョク見るのも事実。
大きなダンプカーが坂を上りきれずに立ち往生していたり、
僕の家の前で行なわれている工事など夜遅くまで
その工事が終る事はなく、工事の砂が家の中まで入ってきたりする始末。
本日も日曜日なのにお休みもなく朝からガガガッガガガガガガってところですよ。
僕の大切な昼寝の時間が!
もう本当にやめて~


開通したばかりで両脇には何もない道路。
さてさてこの道路が数年後には両脇にどんなお店が立っていて
どれだけの人で賑わっているのか非常に楽しみですね。
e0089886_1642176.jpg



クリクリッとね。↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
[PR]
by negitokyabetsu | 2007-06-03 16:05 |