<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本上陸大作戦 (予定)

暑い!夏だ!海だ!ダイビングだ~

と言う事でやってまいりましたこの季節。
今シーズン9か月間のプーケット生活の
全スケジュールを無事終了しましたので、
今年もいざ!日本へ!

しかしながら今年は去年までの下田ダイバーズから
神子元ハンマーズへ移動命令が発令されました。

僕のこれまでのガイドスタイルはマクロ中心となっていましたが、
今年は大物を追いかけて神子元の荒海へ
そしてダッシュ!ダッシュ!ダッシュでハンマーヘッズを追いかけたいと思うょ。
と言う事で今年のガイドテーマは・・・
潜ってからのお楽しみで!

期間は8月1日から伊豆に戻り、8月いっぱいは神子元ハンマーズと
下田ダイバーズとのかけもちになります。
また8月未明までは神子元でのガイドは僕自身はガイドしません。
9月からは確実に神子元の海をガイド予定なので是非遊びに来てください。
また期間限定の生モノなのでお早めに!



有限会社 羅針盤

下田ダイバーズ

神子元ハンマーズ

ダイブアジア


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
ポチっとな。
[PR]
by negitokyabetsu | 2008-07-26 20:56 | その他

またまた旅へ


最後と言いながらまたまた行っちゃいました!
と言っても遊びに行ったわけじゃなくて、
今回の旅の目的はビザの手続きに行ってきました。
場所はタイとの国境付近の町マレーシアのコタバルです。
と言ってもコタバルって知ってます?
僕は名前は知っていたけどまさか自分が訪れる事になろうとは・・・

まぁビザの手続きと言っても朝、書類を持ってタイ大使館に行き、
次の日の朝にまた訪れて書類をもらって終わりですから、
実際に手続きにかかる時間はたった5分で終わります。
なので残りの時間は自由時間となりますが、ここコタバルで観光?
観光と言っても観光名所なるものがるわけじゃなく、普通の町なのです。

でもコタバルはマレーシア国内で最もイスラム色が濃く、住民は大多数がマレー系であるために、町中の女性の99%の確率でスカーフを頭にかぶっています。
また数多くのモスクがあり、拡声器でコーランの詠唱を流している町なのです。

仏教国のタイから言った僕にとってはまさにい世界と言った感じでした。
またイスラム教の人は豚肉を食べないので豚肉を食べられるところはないと思った方がいいでしょう。
でもマクドナルドもあるし、ケンタッキーもあるので、僕自身は食べ物には困ることはなかったです。

本当にやることがなかったのでただただ町中を歩き回ったくらいでした。
そこにはやはり日本やタイでは見る事が出来ないものが沢山あり、
ある意味での発見は多数ありました。

町は僕が想像するよりも大きな町でした。
e0089886_2142085.jpg

電気の事ならペンソニック!類似のパナソニックに注意!
e0089886_21421688.jpg

ガチャガチャがありました!懐かしい日本の駄菓子屋を思い出しました。
e0089886_2143076.jpg

観光にはマレーシア式人力車?
e0089886_2143282.jpg


しかし今回の旅は、電車やバス、飛行機の移動時間や待ち時間が長い旅だったので、
少々疲れました。
しょうがないからマッサージでも行ってくるかな。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ



有限会社 羅針盤

下田ダイバーズ

神子元ハンマーズ

ダイブアジア
[PR]
by negitokyabetsu | 2008-07-25 22:50 | その他

旅 最終章

こんにちわ。あきおです。
今回の長きにわたる旅の最終章。
訪れたのはプーケットからタイ本土を挟んだ反対側のタオ島です。
長年タイに住んでいるのにもかかわらず、出不精な性格ゆえに、
ほとんどプーケットから出る事はなかったのですが、久しぶりに
プーケットと伊豆以外でダイビングをしてきました。
行く直前の情報では透明度は悪く何も見えないとのことでした。
しかし言ったらラッキーな事に水が入れ替わってガラッと透明度も上がり、
連日20mオーバーでした。
いやいやきれいなところで潜るのはいいね~

またタオ島には、まだまだ自然が多く残っていて、
本当に何もしない贅沢がそこにありました。




タオ島で何が凄いってその圧倒的な魚の数です。
キンセンフエダイやバラクーダは何千匹いた事か。
e0089886_20402957.jpg



タオ島屈指のポイントチュンポンピナクルではツバメウオの群れと遭遇
e0089886_20434243.jpg



至る所のサンゴには色鮮やかなイバラカンザシが根を張っていました。
e0089886_2045445.jpg



もちろん群れだけじゃあありませんよ。マクロだってメチャクチャ面白いですよ。
特にタオ島特有の種類もいますからね。
e0089886_20464414.jpg



必殺!バブルリング。上手くできたでしょう?
e0089886_20481944.jpg



こんなきれいな夕日を見ながらのんびりと過ごしました。
e0089886_20492342.jpg





有限会社 羅針盤

下田ダイバーズ

神子元ハンマーズ

ダイブアジア



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
[PR]
by negitokyabetsu | 2008-07-18 20:56 | その他

旅 その3

今回の休み期間中にバンコクには2回ほど行きました。
先日ブログに挙げたサッカーの試合を見に行ったのと、
もう一回は、バンコク観光旅行です。
実は、プーケットにはずっと居ますが、タイの首都バンコクに
行くのは、トランジットで少し寄る程度で、
本格的に観光をしたことがなかったので、
今回はお寺めぐりを中心に回ってみました。

まずは世界遺産アユタヤですよね。
前々から行きたい!と思っていたのですが、なかなか機会に
恵まれず、ようやくチャンスが来た感じでしたね。
アユタヤはとにかく広いし、文化的な価値が分からないと面白くないかなぁと
思い、今回ののアユタヤツアーにはツアーガイドをつけて一日かけて
アユタヤを堪能しました。
まずはチャオプラヤー川をクルーズ先で下って行きます。
お昼ごはんはこのクルーズ船のブッフェでいただきながら
のんびりアユタヤを目指します。
そしてまずは、バンパイン宮殿。
タイ、中国など、色々な国の素晴らしい建築美が残り、歴代の王たちが休暇を過ごした豪華絢爛な離宮です。

ワット・ロカヤ・スタ
高さ5m、全長28mの白い巨大寝釈迦仏像。
e0089886_2132530.jpg


ワット・プラ・マハタート
木の根に埋め込まれた仏像が有名な寺院。
e0089886_214553.jpg


ワット・プラ・ラーム
朽ちた石像と4基の仏塔が栄光の時代をいまも物語る、初代ウートン王の菩提寺。400年以上続いた栄光の時代を今も刻んでいます。
e0089886_2143326.jpg


そしてさらにバンコク周辺のワットアルン。
日本では別名、暁の寺として三島由紀夫さんの小説にも登場するお寺です。
上の方まで登る事が出来ますが、階段の勾配は半端じゃないです。
高所恐怖症の方が上に登るのはオススメ出来ません。
e0089886_215149.jpg


そしてマッサージで有名なワットポー。
いわずと知れたマッサージの学校の総本山的なお寺で、
さらに大きな寝釈迦。
長さ46m、高さ15mと言うとてつもない大きさ。
って言われて大きすぎて想像できないですね。

e0089886_2152812.jpg

最後はワットプラケオ(エメラルド寺院)。
王宮に隣接する「ワット・プラ・ケオ」は、別名「エメラルド寺院」ともいいます。タイで最高の地位と格式を誇る王室の仏教寺院です。現在のチャクリー王朝の国王みずから管理することになっていて、またタイで唯一僧侶がいない寺院だそうです。
e0089886_2155358.jpg


なんてタイに住んでいるのに思い切りタイ、バンコク観光したあきおでした。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

a href="http://www.rashinban.co.jp/">有限会社 羅針盤

下田ダイバーズ

神子元ハンマーズ

ダイブアジア
[PR]
by negitokyabetsu | 2008-07-04 21:07 | その他